2017年05月23日

マルイのハイキャパさん

皆様おはようございます(・д・)


前回のエクストリームがとりあえず形になったので書いておきます。





コンプとダットサイト装着
フロント、リアサイト共に取り払いプラ板で蓋をしています。
軽量ブリーチも組み込んだのでスライド重量は取り敢えず50gジャスト
これが軽いのかどうかは良く解りません(ノ゚Д゚)ノ




コンプはニシヤマファクトリー製 アダプターはもちろんタニオ·コバのねじ込むやつ( ´ー`)

ハイキャパ5.1の時から着ければ良かったじゃん…て話しなんですが、このセットで中古のハイキャパ代金超えると考えると…ちょっと二の足踏みますよね?
でも今回は「綺麗」に作りたかったので奮発しました(ノ゚Д゚)ノ

因みにSTIグリップもセットだと新品一挺買えます( ´ー`)




コンセプトは「綺麗且つ頑丈‼」で、ハンマー周りの研磨等は一切行わず、ノーマル状態。
前にも言いましたが初心者はノーマルで十分なんです(・д・)

シアーはハイキャ5.1ではなくエクストリームのを使用。

エクストリームのシアーはフルオート仕様の為か5.1よりゴツく、メッキ処理が施されているので耐久性的にそちらにしました( ´ー`)
バルブノッカーは穴の小さな5.1の物に交換。
まぁ割れたりする事はないかも知れませんが肉厚に越したことはないと思い( ´_ゝ`)ゞ


お気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、リコイルスプリングガイドが5.1のです。

エクストリーム(4.3もか?)のリコイルスプリングガイドは底面の皿?が薄いようで…撃ってると割れてしまった為にゴツい5.1のものに交換。
飛び出ていてもコンプのお陰で目立たないので斬らずにそのままです。

と、耐久性の良いとこ取りみたいな状態です。


コンプ横の銀色はアルミテープ(笑)

スライドとの材質の違いみたいなのを演出してみたり( ´ー`)


後は6インチのインナーバレルを仕込んで、バレル周りを固定すれば完成です(・д・)





ん~…来月かな( ´ー`)





最後まで読んで頂きありがとうございました(ノ゚Д゚)ノ


  


Posted by 鶉 at 04:36Comments(2)

2017年05月19日

ハイキャパ5.1からの~…

皆様おはようございます(・д・)ノ


今回は随分前に完成したはずのハイキャパ5.1ネタです。







今現在私のハイキャパは…










ただの部品になってしまってます( ´ー`)


自作で色々弄っているとコンプがもげたり…変な所にガタがでたりと技術不足による体たらくがどんどん露呈していくのでここは1からやり直すべし‼
…で、バラバラです(  ̄- ̄)

そこでベースが必要になったので早速ジャンクハイキャパを購入。







エクストリームですけどね‼






頭の中のイメージでは…




こんな感じです(  ̄- ̄)
短いですけど。



なぜエクストリームかというと。


4.3ベースで作って見よう(・д・)
でも地味だしタクテコーの文字が嫌…

エクストリームはどうよ…

小洒落たツートンとセイバートゥースがカッコいい(ノ゚Д゚)ノ

しかもこいつは元からショートリコイルがキャンセルされているだとぅ!Σ( ̄□ ̄;)

よっしゃセミオートにしちまおう( ´∀`)


で、早速オペです。



手持ち部品を組んで行きます。

ホントにショートリコイルキャンセルされてました(・д・)
今までの加工はなんだったのか…メーカーから純正で出てるとは…
エクストリームはフルオートオンリーなので眼中にありませんでした( ;´・ω・`)

既に色々な方がやっているので細かい画像なんかは撮っていませんので文章で( ´ー`)

右がセミオート、左がフルオートのブリーチです。

そうです。どういうカラクリかは知りませんがディスコネクター交換だけではセミオートに出来ません(ノ゚Д゚)ノ

ブリーチも交換します( ´ー`)


まぁ簡潔に言うとブリーチとディスコネクター交換だけでセミオートに出来ました。


さっさと組んで完成。


まぁ近い感じになった?( ;´・ω・`)

今はただの「STIグリップにしたエクストリーム」ですがベースガンは出来ました( ´_ゝ`)ゞ


今度は慎重に作っていこうと思います(ノ゚Д゚)ノ  


Posted by 鶉 at 05:38Comments(0)

2017年05月17日

グロック34色々

皆様おはようございます(・д・)

今回はグロックです( ´ー`)



手持ちのグロック34のフレームをGEN4にしました。


ジャンクで投げ売りされていたWE製グロック17からフレームだけ拝借

中身はグロック34にしてあります。



さすがGEN3→GEN4と進化しているだけあってグリッピングはかなり良いのでオススメです(* ̄▽ ̄)


ん~と…因みに合わなかったパーツはマガジンキャッチボタンと下部にあるマニュアルセーフティだけでした(・д・)ノ

後は20gの軽量ブリーチを組み込んだのでキレがかなり良いです♪
元が50gもありましたから目に見えて速くなってます。

恐らく手持ちのハンドガン中最速のブローバックかと思われ( ´ー`)





小ネタ

マルイグロック34のブリーチが50gに対してWEグロックのブリーチは43gと7g軽かったです(笑)





最後まで読んで頂きありがとうございました(ノ゚Д゚)ノ  


Posted by 鶉 at 05:25Comments(0)

2017年05月04日

ラウンドアバウト(ノ゚Д゚)ノ

皆様こんばんは(・д・)ノ

ゲーム三昧で鈍った体を目覚めさせるべく、朝から草刈りやらなんなら家の外仕事をこなしてみましたが…
常夜勤&引きこもりだったので外がこんなにも暖かくなっているなんて…春ですね~…はもう遅いですか?


もちろんスピードシューティングごっこも久しぶりにやりました(゚∈゚*)
今回はそのお話し。


使用したハンドガンはこの3つ

WAハイキャパ プチカスタム
ダットサイト ブリーチ底面の鏡面研磨 ノンホップ加工
後はドノーマル。

WAハイキャパ リミテッドマスター
ドノーマル

セブンミルズカスタム
グリップ交換のみのドノーマル

正直WAはレースガンにするべく何を触って良くて触って悪いのかわからないのです(・д・)ノ

パワーソースは全てコンプレッサーによる外部ソースです。

久しぶりにやったので色々グダクダですね
セーフティの掛け忘れ&外し忘れは勿論…ホルスターから抜く時に頻繁にビーバーテイルで手のひらを突き刺したりしました( ´_ゝ`)ゞ
完全に鈍ってますよ(ノ゚Д゚)ノ



撃ち初めのタイム 

銃はハイキャパのアイアンサイト

横で見にくいのはご容赦ください( ;´・ω・`)






だんだん感覚が…

こちらはハイキャパのダットサイト仕様

やはり狙い易いです(* ̄▽ ̄)








何とか2秒台までやって来ました。

セブンミルズ アイアンサイト

アイアンサイトでは私の腕でこれ以上のタイムが出せませんでした(´Α`)









ダットサイト仕様でもこの辺が限界

とは逝かず更に撃ち込んでみましたよ勿論(・д・)








初段練習とかも織り交ぜつつ…

アベレージでこれが出せれば一番良いのですが、そうは問屋がおろしませんよね。
マグれの一発ですが何か( ゚⊿゚)







3時間ほど一心不乱に撃ち込んみ…本日一番良かったタイム

この後は2.5秒台を行ったり来たりだったので終了(・д・)
楽しいひとときでした(゚∈゚*)


その後一つの疑問と言うか何と言うか…
コレ言ったらおしまいなのですが、金掛けたり情報収集してカスタムしたマルイハイキャパと大差ない記録…寧ろ良い記録で一つの悟りが今さら開けました( ´ー`)






「私程度の腕ではカスタムは意味を成さない。」

ノーマルで十分事足りると言う事ですね(・e・)




かの有名なマック堺様も仰ってた通り「弄るより撃て‼」は正に正論なのだとこの身を持って体現いたしました( ´ー`)
男の子だから何でもかんでも弄りたくなるのは仕方ないんですけどね‼( ゚⊿゚)






…精進致します(  ̄- ̄)

2秒切れそうになったらカスタムを考える事とします( ´_ゝ`)ゞ

いや!厳しい…か?( ;´・ω・`)






最後まで読んで頂きありがとうございました(ノ゚Д゚)ノ  


Posted by 鶉 at 01:56Comments(0)

2017年05月02日

グリップ交換

皆様こんにちは(・д・)ノ

前回記事投稿の3月18日からずーっとモンハンやらなんやらゲームジャンキーしてました(ノ゚Д゚)ノ


今回はセブンミルズカスタムのグリップ交換です。


アルタモントのダイヤチェッカー

本当ならスプリングフィールドのグリップが良かったのですが、どこも品切れで手に入りませんでした( ;´・ω・`)


元からセーフティが干渉しないような仕様のグリップも在るようですが、こちらはそうでないので加工します。

私は彫刻刀で地道に削りました( ´ー`)


無事装着(・д・)


おお‼落ち着いた雰囲気でカッコいい(゚∈゚ )
握り心地もシットリした木の感触で良いです(* ̄▽ ̄)



重量に関しましては、一応厚さ一ミリの鉛板を内側に貼ってはありますがあまり変わった気が…(笑)




そろそろ外に出て鈍った体を叩き直したいと思います( ´ー`)


最後まで読んで頂きありがとうございました((゚∈゚ )  


Posted by 鶉 at 13:04Comments(0)

2017年03月18日

WA ブリーチネタ

皆様こんにちは( ´ー`)

今回はWA1911のブリーチのガタについて書こうと思います。




先日入手したJ-armory セブンミルズカスタムですが…

実は実射までに紆余曲折ありました(´Α`)

その紆余曲折とはスライドを引くのに苦労( ´_ゝ`)
少し引くとガッツリ何かに引っ掛かっているようで固かったでのす。
擬音で言うと普通は「カシャン」とか「シャコッ」とかですが、これは「ガッ…シャ」という感じ(・д・)
ブローバックは、「バフッ」と言うおとなしく控えめな動作。
WAはもちろんまだまだトイガン経験の浅い私なりに観察(´Α`)
手持ちのMEUやミルスペックのスライドを使用すると普通に引ける事、その逆にセブンミルズのスライドをMEUやミルスペックに
使用すると同じ症状がでる事から原因は恐らくセブンミルズの「ブリーチ」

そのブリーチを観察すると上下と前後に物凄い動いてました( ;´・ω・`)振るとカタカタ音がするくらいです。




そこで安上がりかつ無加工でどうにかならないモノかと出てきたのが

ハイキャパ系のバレル周りのガタ取りに重宝しておりまして…適度な弾力と適度な接着具合のスペーサーになるので、そこからの応用です。

塗ってはめ込むだけです( ´ー`)
勿論ローディングノズル付近に着かないようにします。
あと、やるやらないは自己判断でお願い致します(笑)



完全硬化後も割りとあっさり取れます。



結果は成功したようで「バフッ」と言う鈍いブローバックから「バチコン!」と言った具合にWA特有の鋭いリコイルに成りました(゚∈゚*)

図に乗ってMEUとミルスペックにも同様に塗ってみた所、セブンミルズほどの変化では無いにしろブローバックのキレが増したようです。

割りと簡単にはげる木工ボンドなので、またガタが出だしたら塗り直しも出来ますね(・д・)



デメリットとしては、施工後の放置時間何も出来ないのと耐久性はどうなのかです( ´_ゝ`)ゞ




最後まで読んで頂きありがとうございました(・д・)ノ  


Posted by 鶉 at 14:03Comments(0)

2017年03月16日

頂き物( ´_ゝ`)ゞ其の弐

皆様お早うございます。

先日手を加えたSVインフィニティ…



やっぱり
 

これが気に入らないので( ´ー`)





ハイキャパシャーシにしてガバメントらしさを出してみました。
手持ちのスピードコンプよりも前のWAハイキャパ45なのでWAマークが入ってますが…まぁ気にしない( ゚⊿゚)




Rタイプハイキャパ系なのでポン付け‼
とは行かなかったです…
一ヶ所だけですが、SVのハンマーはハイキャパより厚さがあるようでフレーム側を多少削らないと入りませんでした(・д・)

あとお気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、グリップセーフティがキャンセルされています。







…正直に言うと、壊したんですけどね( ;´・ω・`)

シアスプリングが硬くグリップセーフティもトリガープルも重いので調整してみようとグニクニしていると「ピキーン‼」と折れちゃいました、しかも砕けるように(ノ゚Д゚)ノ 

WAのシアスプリングはマルキャパの勢いで触っちゃダメだと言う事を学びました( ´_ゝ`)








最後まで読んで頂きありがとうございました(* ̄▽ ̄)ノ
  


Posted by 鶉 at 05:47Comments(0)

2017年03月12日

頂き物( ´_ゝ`)ゞ

皆様お早うございます( ´ー`)

先日友人からとある拳銃を頂きました。

WAのSVインフィニティ コンパクトキャリーピストル

マガジンが無いですが(・д・)

注入バルブが壊れて廃棄したそうです( ;´・ω・`)


ヤフオクとかでもなかなかのお値段で販売されている拳銃ですが…
不人気なのかネット徘徊してもレビュー等がほぼ無いです(笑)

なので実射性能とか色々

まずグリップは先代のWAハイキャパより角があって更に握り難くなってます( ´ー`)
特にフロントのチェッカリング脇。
あと仕様なのか何なのかシアバネがこれまた先代より硬いので、グリップセーフティも重ければトリガーも重いです。

実射は5メートル先の10センチ丸でも外れる位グルーピングが悪いです⌒ヾ( ゚⊿゚)

短い上に例のホップ機構だからかな?



あとマズルフェイスですが、顎が凄いです。
実銃のSVインフィニティを知らないのでアレなんですが、スライドよりシャーシが太いのでしょうか。

イメージ的には

みたいであまり…( ´_ゝ`)ゞ


で、上記の幾つかをいじってみました。
まぁ…貰い物だし( ´ー`)


↓↓↓↓↓↓↓




↓↓↓↓↓↓↓


シャーシをスライド幅まで削って塗装。

青いトリガーも趣味ではなかったので研磨(笑)

見え難いですが、グリップのチェッカリングを削り落としてステッピング加工を施しました。

ノンホップ化と煮込みパッキンで7メートル先の10センチ丸に纏まる位にはグルーピングも良くなりましたよ(*・x・)ノ~~~♪

色々落ち着いた雰囲気に仕上がりました。




あとは…


チャンバーカバーが折れないのを祈るばかりです(ノ゚Д゚)ノ 









最後まで読んで頂きありがとうございました(・д・)ノ  


Posted by 鶉 at 05:01Comments(2)

2017年03月06日

求めた形(ノ゚Д゚)ノ

皆様こんにちは。


先日久しぶりに撃ちまくりをしましたが…
友人が花粉症で辛そうです( ´ー`)
春がすぐそこまで来ておりますね。


日夜飽きずに1911系を物色している私ですが、「これだ‼」と言うのに廻り合いました。


「ゴールドカップナショナルマッチ」

wikiより

WAより製品化しているようですが…
出回ってない上に、あってもとても高価( ;´・ω・`)
手に入れてもホルスターの抜き差しなんて出来ません(笑)

そこで購入したのがJ-armoryのセブンミルズカスタム。

映画「Seven」でブラピが演ずるミルズ刑事が使用していたSFA1911カスタムなのですが、各所がマッチカスタムのようになっております(゚∈゚*)


アジャスタブルリアサイトは勿論
延長されたスライドストップレバーやマガジンキャッチボタン。
トリガーガードが角形になっています。



マグナポートが設けられたコーンバレル




リングハンマーにアーチ形スプリングハウジングと、随所に私好みのパーツがてんこ盛りです( ´ー`)



しかしグリップは見ての通りチャチです(笑)
片方48gしかない上にフレームはABS樹脂なので軽いです。

48g程度なら木グリップに交換した方が握り心地も良くなるのでその内に変えようと思います( ´ー`)




最後まで読んで頂きありがとうございました。
  


Posted by 鶉 at 13:07Comments(0)

2017年02月25日

やっとダットサイト搭載。

皆様こんにちは(・e・)

ずいぶん前に買ったダットサイトをようやくWAハイキャパへ搭載しました。


当たり外れの大きいと有名なエレメント製C-MOREモドキですが、「当たり」のようでレティクルも滲みなくしっかり点灯しております。

ダットサイト搭載につき下準備。

重たいボーマーサイトを取り外してコッキングレバーを着けます。



これを加工して( ´ー`)

鍋の柄ですが何か?(・д・)




ちょんぎって削って



出来上がり。


耐久性は撃ち込んでみないと分かりません( ´ー`)



そして勢いに任せて一気にシャーシの穴開け→タップ切り→シャーシ内側のバリ取り。




出来上がり(*・x・)ノ


動作不良も無く快調です(゚∈゚*)
マルイハイキャパでの経験があったので至極すんなりと済みました。




オマケ

ダットサイトについていた説明書。

カツラのような剛毛のお姉さんが挿し絵として描かれていますが…


私的には同じ剛毛でもこういうテキサスなオジサマの方がテンション上がります(o´・∀・)o




よね?







最後まで読んで頂きありがとうございました(*・x・)ノ  


Posted by 鶉 at 18:14Comments(4)