スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2017年03月18日

WA ブリーチネタ

皆様こんにちは( ´ー`)

今回はWA1911のブリーチのガタについて書こうと思います。




先日入手したJ-armory セブンミルズカスタムですが…

実は実射までに紆余曲折ありました(´Α`)

その紆余曲折とはスライドを引くのに苦労( ´_ゝ`)
少し引くとガッツリ何かに引っ掛かっているようで固かったでのす。
擬音で言うと普通は「カシャン」とか「シャコッ」とかですが、これは「ガッ…シャ」という感じ(・д・)
ブローバックは、「バフッ」と言うおとなしく控えめな動作。
WAはもちろんまだまだトイガン経験の浅い私なりに観察(´Α`)
手持ちのMEUやミルスペックのスライドを使用すると普通に引ける事、その逆にセブンミルズのスライドをMEUやミルスペックに
使用すると同じ症状がでる事から原因は恐らくセブンミルズの「ブリーチ」

そのブリーチを観察すると上下と前後に物凄い動いてました( ;´・ω・`)振るとカタカタ音がするくらいです。




そこで安上がりかつ無加工でどうにかならないモノかと出てきたのが

ハイキャパ系のバレル周りのガタ取りに重宝しておりまして…適度な弾力と適度な接着具合のスペーサーになるので、そこからの応用です。

塗ってはめ込むだけです( ´ー`)
勿論ローディングノズル付近に着かないようにします。
あと、やるやらないは自己判断でお願い致します(笑)



完全硬化後も割りとあっさり取れます。



結果は成功したようで「バフッ」と言う鈍いブローバックから「バチコン!」と言った具合にWA特有の鋭いリコイルに成りました(゚∈゚*)

図に乗ってMEUとミルスペックにも同様に塗ってみた所、セブンミルズほどの変化では無いにしろブローバックのキレが増したようです。

割りと簡単にはげる木工ボンドなので、またガタが出だしたら塗り直しも出来ますね(・д・)



デメリットとしては、施工後の放置時間何も出来ないのと耐久性はどうなのかです( ´_ゝ`)ゞ




最後まで読んで頂きありがとうございました(・д・)ノ  


Posted by 鶉 at 14:03Comments(0)

2017年03月16日

頂き物( ´_ゝ`)ゞ其の弐

皆様お早うございます。

先日手を加えたSVインフィニティ…



やっぱり
 

これが気に入らないので( ´ー`)





ハイキャパシャーシにしてガバメントらしさを出してみました。
手持ちのスピードコンプよりも前のWAハイキャパ45なのでWAマークが入ってますが…まぁ気にしない( ゚⊿゚)




Rタイプハイキャパ系なのでポン付け‼
とは行かなかったです…
一ヶ所だけですが、SVのハンマーはハイキャパより厚さがあるようでフレーム側を多少削らないと入りませんでした(・д・)

あとお気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、グリップセーフティがキャンセルされています。







…正直に言うと、壊したんですけどね( ;´・ω・`)

シアスプリングが硬くグリップセーフティもトリガープルも重いので調整してみようとグニクニしていると「ピキーン‼」と折れちゃいました、しかも砕けるように(ノ゚Д゚)ノ 

WAのシアスプリングはマルキャパの勢いで触っちゃダメだと言う事を学びました( ´_ゝ`)








最後まで読んで頂きありがとうございました(* ̄▽ ̄)ノ
  


Posted by 鶉 at 05:47Comments(0)

2017年03月12日

頂き物( ´_ゝ`)ゞ

皆様お早うございます( ´ー`)

先日友人からとある拳銃を頂きました。

WAのSVインフィニティ コンパクトキャリーピストル

マガジンが無いですが(・д・)

注入バルブが壊れて廃棄したそうです( ;´・ω・`)


ヤフオクとかでもなかなかのお値段で販売されている拳銃ですが…
不人気なのかネット徘徊してもレビュー等がほぼ無いです(笑)

なので実射性能とか色々

まずグリップは先代のWAハイキャパより角があって更に握り難くなってます( ´ー`)
特にフロントのチェッカリング脇。
あと仕様なのか何なのかシアバネがこれまた先代より硬いので、グリップセーフティも重ければトリガーも重いです。

実射は5メートル先の10センチ丸でも外れる位グルーピングが悪いです⌒ヾ( ゚⊿゚)

短い上に例のホップ機構だからかな?



あとマズルフェイスですが、顎が凄いです。
実銃のSVインフィニティを知らないのでアレなんですが、スライドよりシャーシが太いのでしょうか。

イメージ的には

みたいであまり…( ´_ゝ`)ゞ


で、上記の幾つかをいじってみました。
まぁ…貰い物だし( ´ー`)


↓↓↓↓↓↓↓




↓↓↓↓↓↓↓


シャーシをスライド幅まで削って塗装。

青いトリガーも趣味ではなかったので研磨(笑)

見え難いですが、グリップのチェッカリングを削り落としてステッピング加工を施しました。

ノンホップ化と煮込みパッキンで7メートル先の10センチ丸に纏まる位にはグルーピングも良くなりましたよ(*・x・)ノ~~~♪

色々落ち着いた雰囲気に仕上がりました。




あとは…


チャンバーカバーが折れないのを祈るばかりです(ノ゚Д゚)ノ 









最後まで読んで頂きありがとうございました(・д・)ノ  


Posted by 鶉 at 05:01Comments(2)

2017年03月06日

求めた形(ノ゚Д゚)ノ

皆様こんにちは。


先日久しぶりに撃ちまくりをしましたが…
友人が花粉症で辛そうです( ´ー`)
春がすぐそこまで来ておりますね。


日夜飽きずに1911系を物色している私ですが、「これだ‼」と言うのに廻り合いました。


「ゴールドカップナショナルマッチ」

wikiより

WAより製品化しているようですが…
出回ってない上に、あってもとても高価( ;´・ω・`)
手に入れてもホルスターの抜き差しなんて出来ません(笑)

そこで購入したのがJ-armoryのセブンミルズカスタム。

映画「Seven」でブラピが演ずるミルズ刑事が使用していたSFA1911カスタムなのですが、各所がマッチカスタムのようになっております(゚∈゚*)


アジャスタブルリアサイトは勿論
延長されたスライドストップレバーやマガジンキャッチボタン。
トリガーガードが角形になっています。



マグナポートが設けられたコーンバレル




リングハンマーにアーチ形スプリングハウジングと、随所に私好みのパーツがてんこ盛りです( ´ー`)



しかしグリップは見ての通りチャチです(笑)
片方48gしかない上にフレームはABS樹脂なので軽いです。

48g程度なら木グリップに交換した方が握り心地も良くなるのでその内に変えようと思います( ´ー`)




最後まで読んで頂きありがとうございました。
  


Posted by 鶉 at 13:07Comments(0)

2017年02月25日

やっとダットサイト搭載。

皆様こんにちは(・e・)

ずいぶん前に買ったダットサイトをようやくWAハイキャパへ搭載しました。


当たり外れの大きいと有名なエレメント製C-MOREモドキですが、「当たり」のようでレティクルも滲みなくしっかり点灯しております。

ダットサイト搭載につき下準備。

重たいボーマーサイトを取り外してコッキングレバーを着けます。



これを加工して( ´ー`)

鍋の柄ですが何か?(・д・)




ちょんぎって削って



出来上がり。


耐久性は撃ち込んでみないと分かりません( ´ー`)



そして勢いに任せて一気にシャーシの穴開け→タップ切り→シャーシ内側のバリ取り。




出来上がり(*・x・)ノ


動作不良も無く快調です(゚∈゚*)
マルイハイキャパでの経験があったので至極すんなりと済みました。




オマケ

ダットサイトについていた説明書。

カツラのような剛毛のお姉さんが挿し絵として描かれていますが…


私的には同じ剛毛でもこういうテキサスなオジサマの方がテンション上がります(o´・∀・)o




よね?







最後まで読んで頂きありがとうございました(*・x・)ノ  


Posted by 鶉 at 18:14Comments(4)

2017年02月19日

更にグロックネタ

皆様こんばんは。

最近グロックにハマり、浮気気味な鶉です( ´_ゝ`)ゞ
更にグロックをネタにしたいと思います。

私はシューティング好きなのでシューティング向けのグロックって有るんだろうか‥と探してみた所、有りました(゚∈゚*)

東京マルイからグロック34なるシューティング用のグロックが一昨年に出てた模様。

なので早速質屋へ探しに行くと偶然にも入荷したての中古が有りました(笑)

とても綺麗なのにガス注入不可で撃てない為にジャンク品で5000円でした(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪

小傷もないのにガス注入不可…変だねぇ…と持ち帰って一応ガスを入れてみたら普通に入って普通に動作しましたけども。

専門店ではなく中古雑貨店なので買い取った人が不得手なだけだったのかもしれませんね( ´_ゝ`)ゞ
ま、いいや!細かい事は気にしない(゚∈゚ )ラッキーラッキー♪




シューティング向けという事で全長が長いのは勿論、スライドストップレバーやマグキャッチ等も扱い安いように延長してあります。

そして私の大好きなアジャスタブルリアサイトが標準装備( ´ー`)



私見ですがグロックにはボーマーほどデカイとちょっとアレですが、ここまで纏まっているととても上品な感じですね。



ホルスターは手持ちのグロック17、22用しかないのでとりあえず…



勿論はみ出ます(・д・)
が、スッと入りスッと出せます( ´ー`)


やはり最近発売されたのグロックなので各所が改善されているようです。

左が17で右が34。

パッと見で分かるのはトリガーバーがゴツくなり、マグキャッチには削れ対策まで施されておりました(゚∈゚ )
勿論スライドにも削れ対策のプレートがあります。
いやほんと耐久性が高いのは嬉しいです。


そして早速変な事を…(o´・∀・)o。
スライド、アウターバレルがグロック17に比べて2センチ延長されているのにインナーバレルは5ミリ延長だとか(・д・)

ではという事で手持ちのハイキャパ5.1のインナーバレルを組んでみました。

長い方がハイキャパ
先っぽが変な形なのがグロック34



撃てるには問題なく撃てるのですが…

スライドオープンのバレルティルト時にアウターバレルに負荷がかかっている様子です( ´_ゝ`)ゞ
ノーマルではちゃんとティルトしていたのがしなくなりました( ´ー`)
インナーバレルが太くて長いので(あら羨ましい♪)アウターバレル内で必要以上に干渉している模様。
使い続けているとその内破損するかもしれないので元に戻しました、

ノーマルのあの長さと形にはちゃんと意味があったのですね~(゚∈゚*)
いやはや勉強になりました( ´ー`)
逆にショートリコイルを無くせばロングバレル化はイケるでしょうね。


あ…肝心の撃ち味ですが、最近のが高性能なのか私の手持ち達がボロいのか、この銃凄いですね(笑)
マガジン冷えててもバシバシ動作しました(・∀・)

とても扱い安く高性能なので「シューティング用だ~(゚∈゚*)。」と下手に手を加えるよりもそっとしておこうと思います。





最後まで読んで頂きありがとうございました(*・x・)ノ


  


Posted by 鶉 at 01:53Comments(0)

2017年02月12日

またグロック26

皆さまこんにちはm(__)m

またグロック26ネタです。





前回のピストン交換は見事失敗で…(^^;
やはり給弾不良が起きたのでノーマルに戻しました。

しかしまだ少しおかしな所がありまして、ホールドオープンしづらいような気がします。
マガジン小さいし、時期も時期だからかな?と思っていたのですが(´・ω・`)



マガジンを下から上に押し気味にすると多少冷えていても快調に動くので、恐らくマガジンキャッチが磨耗してマガジンのガスルートパッキンとローディングノズルの間からガスが漏れている模様。

なのでマガジンキャッチを少々いじってみました(^-^)


穴をあけて小さな平ネジを挿すだけです。


このように引っ掛かるように。

位置を間違うと…(о´∀`о)



うむ!

押さえなくともホールドオープンをしました。

ですが、勿論金属の平ネジを使っているのでマガジン装着時に擦れてWAマガジンみたいな傷がつきます(^^;


やはり中古の古い機種は一筋縄にはいきませんが、そこが楽しい所ですね♪




しかしWAハイキャパのサイト装着は…どうも踏み込めずにいますが(笑)

なにぶんマルイハイキャパと違い予備パーツがあまり手に入らないので物怖じしてしまいます(。-∀-)



出来そうな時にボチボチやります(^-^)
それではこの辺で。





最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m  


Posted by 鶉 at 10:56Comments(0)

2017年02月09日

グロック26のピストン

皆さまお早うございますm(__)m

そろそろWA ハイキャパシティ45へC-MOREモドキを装着しなければなぁ…と思いつつも新しく手に入れたグロック26をついつい触ってしまってます(。-∀-)

構造も知りたいし、O/Hおば♪とスライドを分解、ブリーチをさらに外しローディングノズルをとるとエアコキみたいなカップが付いてました。
今までガバメント系のブリーチしか分解したこと無いので新しい発見ですヽ(・∀・)ノ

調べてみると後発のグロック17からはガバメント系と同じYリングと言うピストンになってるみたいです。


そういえばハイキャパのブリーチが一式ある……
ピストンが着くかもしれん!
グレードアップ?だ!(/`・ω・)/


で、早速見比べ。

左がハイキャパで右がグロック26
ピストンの径は同じに見えます。

なんかグロックのブリーチの方がデカイですね。


物は試しで早速着けてみました。

取りつけは至極すんなりと(^-^)
流石はマルイのガスブロ同士♪




しかし!
結果としてはハイキャパピストンが微妙に大きいみたいでローディングノズルの動きがかなり渋いです(^^;
気密はばっちりどころかスプリングのテンションではノズルが元に戻りません(笑)

ですがブローバックの動作には問題が無いようです。
ノズルの動きが渋い為その内給弾不良とか起こりそう…

それとも馴染んで快調になるか?


こればかりは撃ち込んでみないと解りません(о´∀`о)

また変化がありましたら記事にしたいと思います(。-∀-)





最後まで読んで頂きありがとうございましたm(__)m



  


Posted by 鶉 at 05:15Comments(0)

2017年02月05日

9㎜オート

皆さまお早うございますm(__)m

前々から気になっていた拳銃を一挺入手しました。


グロック26

G17でもなく、真新しいG22でもなく古い古~いG26です。
マルイのグロックシリーズ第1段でしたっけ?
この個体は中古なのでいつ製造か解りませんが、最古だと2000年製造です(^-^)

そこまで他機種のハンドガンを握り比べた事はないのですが…兎にも角にもとてつもなく握りやすい!と思ったのが、グロックシリーズのG26です(笑)
指の短い私には妙に馴染むんです(´・ω・`)


ガバメント系に比べて操作感は無いですが、操作感が無い故に「ザ・オートマチックピストル」と言うのが相応しい拳銃だと思います(。-∀-)
各所で言われている「撃つ為の道具」とは良く言ったもので、素晴らしいと思います。

あと変な所が好きなんですが、この姿。

ホールドオープン時のバレルの角度(о´∀`о)
何故かハマってしまってます。

サイトはこのような感じ。

ナイトウォーリアでも思ったのですが、個人的にちょっとドットの白が明るく目に入り過ぎて逆にターゲットが狙い辛いと感じました(^^;
ナイトウォーリアに至ってはフロントサイトのドットが大きすぎて余計苦手…
単に下手くそなだけなんでしょうがね(笑)

通常分解図

これまたガバメント系よりもやり易いです(^^;
メンテナンスも楽ちんですね。

中身は中々ヤレている感じなのでチョコチョコとカスタムパーツを組みながら付き合って行きたいと思います(о´∀`о)

さて、早速ネット徘徊だ!(/`・ω・)/








あとこんなん買ってみました。

勿論レプリカのエレメント製C-MOREモドキ。


WAのハイキャパシティ45に装着予定ですヽ(・∀・)ノ






最後まで読んで頂きありがとうございました♪



  


Posted by 鶉 at 06:52Comments(0)

2017年02月01日

今更ガンケース

皆さまお早うございますm(__)m

最近とんとネタ切れ状態です(о´∀`о)

私がトイガン趣味を初めてから1年が経つのですが、今更ながら鍵付きガンケースと言う物を買ってみました。
ガンケースと言うよりも只のツールケースですけど(。-∀-)



ホームセンターに売っているちょっと大きめのヤツです(^-^)


ダットサイト付きのハイキャパも余裕どころか余りまくりです。
因みにスポンジは別売りでした(。-∀-)


深さも中々有り、スポンジを取ると付属の仕切り板も付いていたり。


早速手持ちの1911達やマガジンを入れてみると余裕ですね…
めっちゃ入ります(笑)

仕切り板だけだとスポンジが落ち込むのでプラ段を敷きます(^-^)




上には更に3挺。
小型の拳銃ならば5、6挺はイケそうです。


締めてもキツすぎず、緩すぎずな感じでケースの変型もないです(^-^)

ただ…中々の重量ですけどね(^^;



中の仕切り部分に小さなケースに入れたメンテナンス工具なんか入れてもよさそうです♪



それではこのへんでm(__)m




最後まで読んで頂きありがとうございました。




  


Posted by 鶉 at 03:59Comments(0)